10回以上やってみて感じるセルフまつ毛パーマのコツ !

10回以上やってみて感じるセルフまつ毛パーマのコツ !



セルフでまつげパーマってできるんだ!とやってみましたがあまりうまくいかず、

結果10回以上セルフでやってみて個人的に思うセルフまつ毛パーマのコツについて紹介します。

1.ロット全体をまぶたに貼り付ける

まぶたにロットをくっつける時、ロットをきっちりと、特に目の真ん中から目尻が浮かないように注意して貼っています。

目の形とロットの形にもよるかと思いますが、真ん中だけが張り付いて端が浮いてしまった時、あとでまつ毛を貼り付けたときにずれてしまい、きれいにかかりません。

目頭側は多少パーマのかかりが弱くても変じゃないので、真ん中から目尻に合わせてしっかり固定できるようにしています。

セルフでやっているとずっと目を閉じたままというわけにいかず瞬きをするのでロットがしっかり貼れていないとずれてきます。

放置時間中にまつげの固定が取れてくる…というのが上手くいかない大きな理由ですが、

私のやってみた感想としては、ロットの貼り付けができているほどまつげの貼り付けも上手くいく気がします。

[Qoo10] セルフまつげパーマセット ロッド式 3サ

WWW.QOO10.JP

私の場合、思ったよりしっかりとロットを貼った方がよかったなという気がします。

ロットは溝のないタイプを使っています。

溝に合わせなくていいのがやりやすい気がします。

2.専用ののりを使う

まつげパーマ用ののりがなくて、二重のりを使ったことがありますが、パーマ液を塗って待っている時間にのりが取れてきてうまくかかりませんでした。


3.個包装を使う

パーマ液が個包装になっているものが超おすすめです。

パーマ液は空気に触れると効果が薄れてしまうそうで、個包装に切り替えてから、すくって使うタイプは最初の一回以降パーマがかかっていなかったと気づきました…

↓こんな感じで一回ずつ使えます。

10回以上やってみて感じるセルフまつ毛パーマのコツ !

[Qoo10] [スーパーセール限定パッケージ テーププ

WWW.QOO10.JP

私は使ったことないんですが、チューブタイプのものもあって、使う分だけ出してすぐ閉めればうまく保管できるのかもしれない↓

おまけ

以上の3つが失敗を成功にするコツだと思いますが、おまけ要素として変えられるならこっちのほうがいいかなと思うのは、ロットの太さです。

S M Lなどのサイズについてまつ毛の長さを基準に勧められたりしていますが、まつげが短くてもMかLでいい気がします。

Sにするとその分カールが急になりますが、緩やかなほうがのりが付きやすく、まつげの貼り付けがきれいにできるので、出来栄えにはそっちのほうが大事かも。

パーマ液も根本までしっかり塗らなくてもまあまあできれいにかかればいい感じにはなると思います。

逆にギュインギュインに上げたい!という強いこだわりのある方はサロンでやってもらうことをおすすめします。